FarfetchのIPOがラグジュアリーファションブランドに問いかけていること

写真:©Adobe Stock
Farfetch(ファーフェッチ)は、高級ファッション業界がオンライン購入需要の高まりに対応するため、消費者の快適さへの対応や満足感に対する方法として、食料雑貨品やその他の小売業界が直面してきた問題を事例として活用しようとしている。

Farfetchは、今日のハイエンド消費者動向を解読する為に富裕層業界の情報から利益を得ているビジネスのモデルだ。スイスの大手高級雑貨ブランドCompagnieFinancièreRichemont’sを見てみると、Farfetchのライバルでオンライン高級ファッション小売業のYooxを60億ドル以上で買収したことで、今年はYoox Net-A-Porter Groupが所有していなかったものを購入した。Yoox Net-A-Porterとは異なり、Farfetchは主に市場であり、独自のファッション在庫を保有していない。

ロンドンのFarfetchのF-1ファイリング(S-1ファイリングに相当するが、外国の発行者に相当)から取り除く5つの業界動向を以下に示す。ニューヨーク証券取引所に上場しようとしているFarfetchは、FTCHのシンボルで、最大50億ドルで評価されていると報告されています。その投資家には、CondéNastの親会社であるAdvance Publicationsと中国の電子商取引大手JD.comが含まれている。

2025年までに、贅沢なファッションの電子商取引は、業界の市場シェアの4分の1を占める。

ほぼすべての小売業界に精通したストーリーラインでは、高額消費者の数が増えている。彼らはもはや物理的な店で手に取って商品を見たり大金を使ったりする必要はなくなっている。例えば、Farfetchのアクティブな消費者、または過去12ヶ月以内に購入した人は、2016年から2017年末に44%増加して935,800人になり、2015年には416,000人から倍増した。そのサイトで購入したものは、昨年55%増の9億1000万ドルだった。

業界全体で見ると、個人向けの高級品の市場シェアは、昨年の3,070億ドルから45%増の4460億ドルとなり、昨年の約9%から2025年には25%になるとBain&Co.の研究を引用して、提出書類に述べた。

参照:Forbes

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る