ラグジュアリーブランドオーナー邸を訪問するとわかる富裕層の特徴

写真:©Chateau Plessis
コペンハーゲンから車で2時間半。

デンマーク・ヒュン島にある家具メーカー、CARL HANSEN & SON(カール・ハンセン)のクヌッド・エリック・ハンセン(Knud Erik Hansen)最高経営責任者(CEO)の邸宅は、細い林道を抜けた先にある。シカやウサギ、キツネが生息する森の中にたたずむ17世紀の貴族の館を買い取り改装した広大な邸宅には、かつては29人の使用人がいたというのも納得の屋敷だ。

ハンセンCEOの自宅のは執事も使用人も庭師を雇わず、ハンセンCEOが自らトラクターに乗って芝刈りをしている。インテリアにはミュージアム級の品々が並ぶ。リビングルームにはハンス・J・ウェグナー(Hans J. Wegner)がデザインした“シェルチェアCH07”や“オキュラスチェアCH468”がならび、直筆のスケッチ画、量産化されなかったランプなどがさりげなく置かれており、ショールームとしての機能も果たしている。

ビジネス、プライベート合わせて月3~4回はゲストを招いて食事をする。レストランではなく自宅に招くのが北欧風だそうだ。主が自ら玄関にゲストを迎え、ワインを注ぎコーヒーを淹れる。

デンマークでは、富裕層だけが名作と言われているデザイナーズ家具を買っているわけではない。学生時代のウェグナーの中古品を買い、仕事を始めてから新品を買うようになり、年とともに買いそろえていく。モノを大切にするデンマークらしいエピソードだ。カールハンセンだけでなく、ハリーウィンストン邸や、カミュ一族のシャトー・プレシなど、貴族の館やお城を邸宅としているラグジュアリーブランドのオーナーは多い。時代を超えて“良いもの”を手入れをして活かす。その心は、ラグジュアリーブランドのオーナー邸から見て取れる。そして彼らのブランドもまた、長く愛用される製品つくりを心掛けているということが分かる。

参照:WWD Japan

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る