富裕層向け革製品の王者、英コノリーが日本進出

写真:©connollyengland
ロールスロイスやベントレー、マセラティの座席革で有名な英コノリーだが、2019年春に都内に日本初の直営店を出す事を発表した。

エリザベス2世女王によりレザータンナーとメーカーとして栄誉を授かり英国王室御用達となり、インテリアデザインの分野にも参入している。今後は、エルメス(フランス)に近い高級ブランドを目指し、バッグや財布などの革製品だけでなくコートやセーターなどファッション関連の、品質にこだわる富裕層の需要を取り込んだ製品を提供する。

ユナイテッドアローズ六本木店や銀座や横浜のバーニーズニューヨークにも期間限定店を出店しているが、直営店は丸の内や銀座を検討しているという。高級車所有の富裕層からの需要を取り込み、バッグや小物などのファッションでも日本での浸透を狙う。

参照:connollyengland

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層関連情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る