富裕層も注目するグランドセイコーの「ミラノデザインウィーク2018」出展インスタレーション「THE FLOW OF TIME」東京展が開催

写真:© セイコーウオッチ株式会社

セイコーウオッチ株式会社が、東京の街全体をメイン会場にしたデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO 2018」の公式プログラムとして、ミラノデザインウィーク2018発表のインスタレーション「THE FLOW OF TIME」東京展を10月20日(土)より27日(土)までpolygon青山にて開催する。

本展はセイコーウオッチの高級ブランド「グランドセイコー」として初出展したミラノデザインウィーク2018において、なめらかな針の動きを特徴とする独自の機構「スプリングドライブ」をモチーフに選び、日本人の美意識の中にある自然界の「時の流れ」を映し出すかのようなその世界観を空間として表現したもの。

【開催概要】
展示タイトル:「THE FLOW OF TIME」
会場:polygon青山
所在地:東京都港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビルB1
アクセス:東京メトロ「表参道」駅 A3出口徒歩2分
会期:2018年10月20日(土)~2018年10月27日(土) 会期中無休
時間:10:30~19:30

「グランドセイコー」は、1960年の誕生以来、最高峰の腕時計を目指し、正確さ、美しさ、見やすさといった腕時計の本質を高い次元で追求・実現し続け、弛まぬ進歩を重ねてきたブランドだ。ミラノデザインウィークへの出展にあたり、株式会社TRUNKの桐山登士樹(きりやまとしき)氏をプロデューサーに迎え、クリエーターには、多彩なジャンルで活動を展開するデザインスタジオTAKT PROJECT(代表吉泉聡(よしいずみさとし)氏)、ストーリー性の高い映像表現に定評のあるCGディレクター阿部伸吾(あべしんご)氏を起用した。

TAKT PROJECTのインスタレーション作品「Approach to TIME.」では、形状の異なる12体の透明なオブジェに、それぞれ200以上からなるスプリングドライブの時計部品を封入。またたく光の粒をまといながら浮遊する時計部品は、一体ごとに形を変えていくオブジェの中で、徐々に組みあがり、時計として動き始める。整然と並ぶオブジェの背後には、時のうつろいを情感豊かに描く映像を圧倒的な迫力で投影。映像には、太陽や天体の軌道、降り散る花びら、水紋など、日本人が古来愛おしんできた「流れていく時」と自然美への憧憬とともに、日本の「今」を感じさせる情景も織り込まれている。オブジェと背後の移ろう情景が一体となり、普遍的でありながら常に新しい美の世界が眼前に展開される。また、阿部氏の映像作品「Kizamu / Nagareru」では露光技術を自在に操り、舞い落ちる木の葉、木々にかかる雨などを通して、刻む時と流れる時の対比をエモーショナルに表現されている。

ミラノデザインウィークにおいて、本展は一般の来場者のみならずメディア、デザイン関係者から高い評価を獲得し、「Approach to TIME.」は、DSA日本空間デザイン賞2018金賞およびSDA賞(第52回日本サインデザイン賞)銀賞を受賞。

今回の東京展では、ミラノ・トリエンナーレ美術館での展示環境を可能な限り再現するとともに、映像に新たなセクションを加えアップデートしている。高い精度と美しさを両立させたスプリングドライブと、「時の本質に迫る」グランドセイコーの思想を体感するインスタレーションだ。

 

当社では、国内外の富裕層向け高級時計イベントの情報を随時募集しています。情報をお持ちのメーカーのご担当者様やイベント主催者様からの情報をお待ちしております。情報のご提供は下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る