超富裕層だけに許された贅沢なジュエリー

写真:©VAN CLEEF & ARPELS
パリで7月に開催された2018-19年秋冬(2018-19AW)オートクチュール期間中に、多くのメゾンがハイジュエリーを発表した。

ハイジュエリーは以前は9月末頃に開催されている「パリ・アンティーク・ビエンナーレ(PARIS ANTIQUE BIENNALE)」で発表されていた。しかし数年前から夏のオートクチュールがハイジュエリーの発表の場として定着している。オートクチュールに合わせたハイジュエリーを購入する富裕層顧客も多くいるようだ。

どのメゾンも傑作を発表する中、日本でも人気の高いVAN CLEEF & ARPELSはグリム童話をテーマにしたハイジュエリーを発表した。
「12人の踊る王女」や「ブレーメンの音楽隊」などの世界を想像力豊かにジュエリーの中に散りばめた傑作だ。ネックレスや指輪はクラシックデザインからエキゾチックなデザインまでバラエティに富んでおり、子供のころにあこがれていたお姫様が表れそうなデザインのものもある。

宝石使いといい、クラフツマンシップを駆使した緻密で優雅な傑作ハイジュエリーばかりだ。

参照:WWD Japan

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る