Kids Branding

Kids Branding(キッズブランディング)とは、主に中学生までのキッズを対象とした、子弟教育、情操教育などを網羅したキッズ向けブランディングです。

子供には、親の目にも見えない才能が隠されています。
昔の日本では、親が子供に望む進路は、男の子では有名大学を卒業し、大企業か官公庁に勤める、女の子はやはり有名私立女子大学を卒業し、大企業か官公庁に勤める男性と結婚するということでした。

しかし、この数年大企業神話が崩壊し、大企業に就職していれば、一生安泰ではないということに気づき始めた親が多くなってきました。特に団塊ジュニアの親御さんは、子供の教育や子供に買い与えるものについても独特のこだわりを持っています。教育観は、「お受験ばかり」に熱心になるつもりはない。

今の世の中、学歴は保障にならない。一流大学を出て一流企業に勤めたって企業が倒産するかもしれない。テストの成績よりも「芸術、クリエイターや職人になれる素養」を育むために幼少時代から親がこだわったものを買い与え、大人と同じ料理を食べさせることによって子供のうちから本物に触れさせる。

富裕層ラグジュアリーブランド総合研究所では、お子さん一人一人の才能や性格、特徴を把握することによって一流大学~一流企業だけではない、お子さんに相応しい人生を歩んでいただけるようなキッズブランディングサービスを実施しています。

お問い合わせはこちら

関連記事

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る