Quantitative Research/定量調査

富裕層定量調査とは

定量調査とはアンケート調査に代表されるような量的な情報の取得を目的として行う調査のことです。人数、割合、傾向値など、数値や量で表されるデータに基づいて分析を行う手法です。特に富裕層向けの商品、サービス開発においては、開発段階から多くの富裕層の方に調査協力をしてもらい、各フェーズにおいて継続的に富裕層の意見を取り入れていくことが重要な視点のひとつだと考えています。
もちろん、たとえばアンケート調査でも自由回答の設問を設けることで、限定的ながら定性調査で得られるようなデータを収集することも可能です。

 

富裕層定量調査の特徴

・サンプル数が多い(通常100名以上)※ただし、富裕層リサーチでは100名以上の調査対象者を見つけるのは容易ではない
・定型化されたアンケートを利用して実施(選択回答形式の質問がメイン)
・短時間で回答が可能

 

富裕層定量調査のメリット/デメリット

【メリット】
・全体の構造が把握しやすい
・誤差が少ない
・統計的に説得力がある
※ただし、富裕層ビジネスの知見を持った専門家が調査設計、または調査設計に対してアドバイスを実施した場合を前提としています。

【デメリット】
・インタビュアーが介在しないケースが多いため、回答の信憑性が低い
・設問の設計によっては、正確な情報を掴めないこともある(特に富裕層ビジネスの知見がないと、意味のある設問を設計するのが難しい)
・調査対象者が多いため、高額になるケースが多い

 

お問い合わせ

富裕層定量調査に関するお問い合わせは、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る