Qualitative Research/定性調査

富裕層定性調査とは

定性調査とは質的な情報の取得を目的として行う調査のことで、数量や割合で評価するのではなく、個人の発言や行動などの情報の「意味」をリサーチャーが解釈して、新しい理解やヒントに繋げる手法です。そのため、富裕層定性調査では、富裕層ビジネスの知見や情報を持ったリサーチャーが調査にあたることが重要なポイントのひとつになります。富裕層定性調査の中で代表的な手法がデプスインタビュー調査です。

富裕層デプスインタビュー調査の詳細は下記サイトもご参照ください。

富裕層デプスインタビュー調査総合研究所のウェブサイトはこちら

 

富裕層定性調査の特徴

・サンプル数は少ない(富裕層リサーチでは10名程度が一般的)
・質問項目は非定型(自由回答形式の質問がメイン)でフレキシブル
・1人あたりのインタビュー時間が長い(通常1時間程度)

 

富裕層定性調査のメリット/デメリット

【メリット】
・新たな発見や富裕層の深い心理が読み取れることもある
・富裕層ならではのアイデアを引き出すことができる
・富裕層の反応、行動が観察できる
※ただし、上記メリットはリサーチャーやモデレーターが富裕層ビジネスの知見を持っていることを前提とした場合です。

【デメリット】
・意見に偏りがでることがある
・費用がかかる(調査対象者1人あたりのインタビュー時間が長いため、アンケート調査等に比べて1人あたりの費用が高くなる傾向にあるため)
・時間がかかる(調査対象者ひとりひとりと時間や場所を調整する必要があるため)
・リサーチャーやモデレーターが富裕層ビジネスの知見を持っていない場合、意味のある結果が得られないことが多い

 

お問い合わせ

富裕層定性調査に関するお問い合わせは、下記お問い合わせページよりお願いいたします。

お問い合わせはこちら

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る