TOYOTA、米デトロイトモーターショーで新型スープラを世界初披露

写真:©トヨタ自動車
TOYOTAは1月14日、アメリカ、デトロイトで行われている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)において、ファン待望の新型「スープラ(Supra)」を世界初披露した。日本での発売は2019年春頃を予定している。米国は今夏に発売予定だ。価格は4万9990ドルからとなる見込みだ。

新型スープラは5代目にあたり、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活となる。

トヨタが独BMWと部品などを共有して往年のスポーツ車を復活させるのは初めての試みとなる。新型スープラはエンジンや車台、エンジニアリングをBMWの価格5万ドル(約540万円)のクーペ「Z4」と共有する。

初代スープラが1978年に誕生して以降、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車であったことは共通しており、新型でもこの2つを継承しました。加えて今回、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した。


©トヨタグローバルニュースルーム

参照:TOYOTAニュースルーム

ルート・アンド・パートナーズでは国内の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. スポーツカー好きの富裕層も注目、トヨタがスーパースポーツカー市場に参入か

  2. フェラーリ「2018年インターナショナル・エンジン・ オブ・ザ・イヤー」を受賞

  3. 世界の富裕層も安堵「モデル3」量産でアナリストがテスラの業績見通しを引き上げ

  4. Ferrari 488 Pista 発表 サーキット由来の高揚感とパフォーマンスが見事に融合

  5. 富裕層がスーパーカーを所有する理由を考察する

  6. マイルドハイブリッド車で富裕層顧客開拓へ