ASPARK 世界最速EV車OWL(アウル)を出展

写真:©アスパーク
技術系人材派遣会社でありEVモデルの開発会社であるASPARK(アスパーク)の電気自動車(EV)「owl(アウル)」が、パリモーターショー2018に世界最速EV車として出展する。

owl(アウル)は、加速性能の一点だけに特化したスポーツカーというコンセプトで開発が進められた。2014年から開発を開始し、公道を走れる市販車として作られたその開発速度も世界最高の速さである。

市販1号機は2019年内の予定で、50台の限定販売となる。販売価格は350万ユーロ(日本円で約4億6,000万円)。その高いデザイン性で富裕層にアピールするという。生産に関して、欧州の自動車メーカーを中心に製造を委託することも検討中だという。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向けブランドの情報などの富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. タイ富裕層の高級車需要を狙うランボルギーニ。バンコクに大型ショールーム

  2. スポーツカー好きの富裕層も注目、トヨタがスーパースポーツカー市場に参入か

  3. ベントレー東京 世田谷ショールームが7月21日オープン

  4. ジャガーの小型SUV「Eペイス」投入で、次世代富裕層もターゲットとなる小型SUV市場が激化

  5. Ducatiの6モデル定額お試しサービス「Ducati Select 6」を開始

  6. 富裕層向け高級車ブランドロールス・ロイスが初のSUV「カリナン」を日本で予約開始

Twitter でフォロー