コンクール・デレガンス2018、これからの富裕層とヴィンテージカーのトレンドとは

写真:©Nissan Motor
米国カリフォルニア州で毎年開催される「モンテレー・カー・ウィーク」の有名イベントのひとつ「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」が開催された。全米から車好きの富裕層が多く集まる一大イベントであり、世界中から集められた数々のクラシックカーが展示される。

このイベントで、日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティ(Infiniti)は、電動コンセプトカーを初公開した。インフィニティは2021年以降に、ブランド初のEVを市販する計画で、デトロイトモーターショー2018で初公開されたコンセプトカー『Qインスピレーション』のようなデザインを採用する予定だ。電動パワートレーン搭載車の導入に向けて、ブランドのパフォーマンスを強調するものになるという。

参照:Response

富裕層向けのクルマのトレンドをみるにはグッドウッドフェスティバル同様、カートレンドの中心はEVだ。インフィニティなどのプレミアム車は単価が高く、最先端の技術が採用されやすい。世界各国のモータースポーツ愛好家達でにぎわうイベントから、これからのトレンドが見えてくる。

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. ジャガーの小型SUV「Eペイス」投入で、次世代富裕層もターゲットとなる小型SUV市場が激化

  2. 世界の富裕層が注目するクラシックカーイベント「レトロモビル2019」

  3. Ferrari 488 Pista 発表 サーキット由来の高揚感とパフォーマンスが見事に融合

  4. 北京モーターショー、日系メーカーは高級車ブランドに注力

  5. 世界で最も高価なSUV車「カールマン・キング」

  6. 「フェラーリ・レーシング・デイズ 2018」4月28日より一般チケット発売開始

Twitter でフォロー