アストン・マーティン開発の潜水艦を2018年後半に公開

写真:©ASTON MARTIN LAGONDA LIMITED
高級スポーツカーメーカーとして名高いアストン・マーティン(英国)が、世界的な潜水艇メーカーであるトリトン・サブマリーンズ(米国)と、潜水艦開発に関する業務提携を結んでから8カ月。「プロジェクト・ネプチューン」と題された潜水艦プロジェクトの設計が成功し、2018年後半に公開される最初のモデルの生産の開始が発表されました。

プライベート潜水艦はパイロットと乗客2人の3人乗りで、艦体は視野360度を確保できるようボディの半分ほどは透明なドームで覆われているのが特徴的です。アストン・マーティンが主体となり、トリトン・サブマリーンズが潜水艦の開発や操作面を担当し、アストンマーティンがデザインやテキスタイル選びを行い、互いの強みを活かした機能とデザインを兼ね備えた潜水艦となっています。販売価格は未定であるものの、富裕層の間では10億とも100億ともいわれています。

車メーカーの枠を超え、様々な分野と手を組み、自身のブランド価値を高めていくアストンマーティンの今後の展開にも注目されます。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層に人気のブランドや富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 八木研、富裕層向け高級現代仏壇「グラン クリュシリーズ」を発表

  2. 欧米豪富裕層にとってのボートと高級車の関係

  3. Ferrari 488 Pista 発表 サーキット由来の高揚感とパフォーマンスが見事に融合

  4. 香港富裕層の人気が高まりつつある日本への個人旅行(FIT)

  5. 日本初進出!富裕層向け「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」が誕生

  6. 「フェラーリ・レーシング・デイズ 2018」4月28日より一般チケット発売開始

Twitter でフォロー