JINSが高級ライン「J of Jins」を六本木にオープン

写真:©J of Jins
5千円~1万円前後の価格帯で眼鏡専門店を展開している「JINS」は、高級眼鏡フレームをそろえた店舗を六本木ヒルズにオープンする。
新店舗では、フレームは3~10万円の商品が中心で、「J of JINS(ジェイ オブ ジンズ)」というブランドとして、福井県鯖江市の職人が手掛けた国産フレームや、天然木を使用したものを投入する。また社内資格で高ランクを獲得したスタッフが接客にあたる。

鯖江の職人が手掛けた「アセテートシリーズ」には軽量で強度の高い「βチタン」を使用し、顧客一人ひとりに合わせて調整できるという特殊な技術を採用している。鼻パッドも16種の素材や色から選べるカスタマイズサービスにも取り組む予定だ。六本木1号店の販売動向を踏まえたうえで、高級路線の多店舗展開を検討していく。

参照:J of Jins

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. FarfetchのIPOがラグジュアリーファションブランドに問いかけていること

  2. フランスの富裕層向けブランドがシリコンバレー攻略に本気モード

  3. ミラノの靴のトレードショー「MICAM」に日本の高級靴連合がJapanブースを出展

  4. 父娘経営の富裕層向けメンズブティックが勝ち取った世界一の称号

  5. 世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」が4月17日より開催

  6. 富裕層向け革製品の王者、英コノリーが日本進出

Twitter でフォロー