世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」が4月17日より開催

2018年4月17日~22日に、世界最大規模の家具見本市「ミラノ・サローネ2018」が開催される。「ミラノ・サローネ」は、毎年イタリアのミラノで開催され、家具、キッチン、オフィスをはじめとしたインテリアデザインの国際見本市として世界最大規模を誇る。

会期中は国際見本市だけでなく、ミラノ市内でメーカーやデザイナーの展示会や展覧会も実施され、ヨーロッパ各国からメーカーやデザイナーが一堂に会する。その年のトレンドをいち早くキャッチするための場として、業界関係者にとって重要なイベントのひとつになっている。

毎年約30万人が訪れ、昨年は6日間で165か国、343,602人の来場を記録した。

今年は日本からも弘前市が伝統工芸品の津軽塗を出展する。新しいデザインの津軽塗をヨーロッパの富裕層にアピールし、海外における認知度の向上と販路の拡大を狙う。

【ミラノ・サローネ2018】
開催期間:2018年4月17日~22日
開催場所:イタリア・ミラノ(ロー・フィエラ・ミラノ)
日本公式サイト:http://www.milanosalone.com/

 

株式会社ルート・アンド・パートナーズでは、地域活性化支援のひとつとして、日本の伝統工芸品や特産品などの主に海外富裕層をターゲットとした販路開拓・拡大に向けたご相談も随時承っています。詳しくは下記問い合わせページよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 本格梅酒「The CHOYA」、2017年にアジア富裕層向けにグローバル展開をスタート

  2. ミラノの靴のトレードショー「MICAM」に日本の高級靴連合がJapanブースを出展

  3. (終了しました)第1回 ラグジュアリーブランド/プレミアムブランド様向け富裕層ビジネスセミナー「富裕層顧客からみたブランドって何?」

  4. 富裕層向け高級車ブランドロールス・ロイスが初のSUV「カリナン」を日本で予約開始

  5. 神戸・旧居留地に集まる富裕層をターゲットに、高級輸入車ディーラーが続々ショールームを開業

  6. 欧米豪富裕層にとってのボートと高級車の関係

Twitter でフォロー