高級スノーリゾートへの進出:ラグジュアリーブランドの新たな戦略

導入

近年、ラグジュアリーブランドは新たな市場として高級スノーリゾートへの出店を加速しています。この動きは、高級消費者のライフスタイルと嗜好に合わせた新しいビジネス戦略の一環と見られています。富裕層が集うスキーリゾートは、ブランドにとって理想的な展開場所となっており、特にアスペンやニセコなどの地域での出店が目立ちます。

詳細

ボッテガ・ヴェネタはこの流れの一環として、アメリカのアスペンに初のショップを開店しました。この新店舗では、アスペン産の木材を使用した内装や、プレタポルテ、レザーグッズ、シューズ、ホームグッズなど幅広い商品を提供し、訪れる顧客に快適な買い物体験を提供しています。さらに、同ブランドはアスペン美術館とのパートナーシップを結び、アート愛好家に向けた取り組みも強化しています​​。

一方、ルイ・ヴィトンやバレンシアガもスキーリゾート地域でのポップアップストアを展開しており、伊勢丹新宿でのバレンシアガの初のスキーウェアコレクション発売など、季節や地域特有の商品展開も行われています。これらの動きは、富裕層の消費者が集まるスキーリゾート地域を戦略的な市場と捉えていることを示しており、ラグジュアリーブランドにとって新たな成長機会を提供していると言えるでしょう。

これらの事例からは、ラグジュアリーブランドが単に高価な商品を提供するだけでなく、顧客のライフスタイルや趣味に合わせたユニークな体験を提供しようとする姿勢が見て取れます。これにより、ブランドは顧客との関係をより深め、長期的な顧客ロイヤリティを構築していくことが期待されます。

関連記事

  1. Ferrari 488 Pista 発表 サーキット由来の高揚感とパフォーマンスが見事に融合

  2. 中国人富裕層が求めているのは爆買いから独占買いへ

  3. 神戸・旧居留地に集まる富裕層をターゲットに、高級輸入車ディーラーが続々ショールームを開業

  4. 富裕層向けラグジュアリーホテルブランドがクルーズ事業に参入、その勝算は?

  5. 東京シンフォニア、2018年2月のコンサートスケジュールを発表

  6. Personal Branding