某ラグジュアリー時計&ジュエリーブランド事例

CASE

【クライアント】
某ラグジュアリー時計&ジュエリーブランド

【ニーズ】
以前顧客だった方たちに再アプローチしたいが、戦略上一時的にコンタクトしなくなってしまったなどの理由から、現在自社での再アプローチが難しい。そこで、うまく彼らに再アプローチする施策を提案してもらえないか。

 

SOLUTION

現在アプローチが難しいかつての顧客に対して再アプローチニーズのあるラグジュアリーブランド向けに、富裕層リサーチとターゲットイベントを通じて再アプローチ機会を創出する「富裕層休眠顧客掘り起し戦略の相棒<Root Sleeping Customer Optimization>」を提案。具体的な実施フローは以下の通りです。

1. 企画設計/対象者リクルーティング
クライアントの対象顧客(現在アプローチが難しい顧客)リストと、弊社富裕層顧客リストを比較し、共通の顧客を抽出します。
※原則として、クライアントの対象顧客リストと弊社富裕層顧客リストを比較し、マッチした方がリクルーティング対象となります。

2. 富裕層リサーチ/コンサルテーション
抽出した顧客を対象に富裕層リサーチを実施し、現在クライアントのサービスを利用していない理由等を洗い出します。リサーチ結果はレポートとしてとりまとめ、クライアントに提出します。

3. 再コンタクト機会の創出
リサーチ結果に基づいて、ターゲットイベントを年数回実施し、以前の顧客との再コンタクト機会を創出します。

 

お問い合わせ

「富裕層休眠顧客掘り起し戦略の相棒<Root Sleeping Customer Optimization>」に関するお問い合わせは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 某ラグジュアリーファッション事例

  2. ホンダジェット日本国内での受注開始

  3. 富裕層がスーパーカーを所有する理由を考察する

  4. ジャガーの小型SUV「Eペイス」投入で、次世代富裕層もターゲットとなる小型SUV市場が激化

  5. 国内でのHondaJet販売開始で、富裕層の移動手段がさらに多様化

  6. ミレニアル世代が牽引する新富裕層市場のキーワードは善

Twitter でフォロー