富裕層注目の破格プライベートジェットが市場に旋風を巻き起こす

写真:©Vision Jet
プライベートジェットのイメージは、5億以上の本体と莫大な維持費が必要で、桁違いの大金持ちが所有している夢の乗り物であることは間違いないだろう。このプライベートジェット市場のゲームチェンジャーとなるような破格の機体が登場している。

シーラス・エアクラフト社が開発した小型単発ジェット機Vision SF50(通称:Vision Jet)の価格は約200万ドル(約2億2000万円)。現在、最も手頃なプライベートジェットで、価格は競合のほぼ半額程度だ。

2016年10月末にFAA(米連邦航空局)の型式証明を取得後、2016年12月末から米国内の一般顧客向けのデリバリーが始まっている。そして、2018年にEASA(欧州航空安全機関)の型式証明を取得を受けて、ついにヨーロッパへのデリバリーも開始された。今後は、香港や日本をはじめとする世界各国で、順次型式証明の取得手続きを進めていく予定だ。

シーラス・エアクラフト社のVision Jetは、自家用の小型プロペラ機とビジネスジェットとの間に位置した、革新的な小型ジェット機だ。ビジネスユースに耐えられる性能を備え、ビジネスシーンにおけるVIPの移動手段にも、ご家族・ご友人とのレジャーにも最適だ。

また、自家用パイロットが操縦できることもVision Jetの大きな特徴で、オーナー自身が機体を操縦する場合は、プロのパイロットを雇う必要がないため、コストをかけずより柔軟に移動することができる。

移動中の室内は、前方機体がやや高温になったり音が大きくヘッドフォンが必要になったりするなど、プロペラ機の要素は大きいが、価格を考慮すると我慢と引き換えても満足度の高いものといえよう。

参照:Business Insider

ルート・アンド・パートナーズではプライベートジェット情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 富裕層も要注目のプライベートジェット市場動向

  2. 日本航空と丸紅が富裕層向けビジネスジェット事業の新会社を設立

  3. 中古プライベートジェット市場の拡大から見る欧米豪富裕層の呼び込みのヒント

  4. アストン・マーティン開発の潜水艦を2018年後半に公開

  5. アストンマーティン空飛ぶスポーツカー構想を公開

  6. 八木研、富裕層向け高級現代仏壇「グラン クリュシリーズ」を発表

Twitter でフォロー