世界の富裕層が注目するクラシックカーイベント「レトロモビル2019」

写真(c)Retromobile Press Release

世界最大のクラシックカーイベントとして知られる「レトロモビル(Retromobile)」。メーカーのブースやスペシャルショップが集まり、2019年は13万2,000人が来場した。レトロモビルは今年で44回目を迎える、歴史あるクラシックカーイベントで、世界中のクルマ好きの富裕層からも注目を集めている。

日本でも「New Year Meeting」という40年以上の歴史を持つクラシックカーイベントがあったが、惜しくも2019年でその幕を下ろすことになった。しかしながら、イギリスで最も売れているヴィンテージカー雑誌「オクタン(Octane)」の日本版が出版されていることもあり、クラシックカーやヴィンテージカーに対する富裕層の関心はまだまだ根強いのではないかと考えている。

レトロモビルをはじめ、今後もクラシックカー、ヴィンテージカー市場の動向はウォッチしていく予定だ。

「AUTOCAR JAPAN」の原文はこちら

 

当社は、ラグジュアリーカーブランドからの富裕層調査の依頼や、高級車ディーラーからの富裕層向けイベントのコーディネート依頼など、クルマに関する実績も多数有しています。ラグジュアリーカーブランドや高級車ディーラーで、富裕層ビジネスに関してお困りのことがございましたら、一度下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

関連記事

  1. ホンダジェット日本国内での受注開始

  2. 富裕層インバウンド戦略の視点で見るF1H2O

  3. 「フェラーリ・レーシング・デイズ 2018」4月28日より一般チケット発売開始

  4. 東京シンフォニア、2018年2月のコンサートスケジュールを発表

  5. セイコーウォッチ、高級ウオッチブランド<クレドール>より、月夜に舞う「桜吹雪」をテーマに螺鈿ダイヤル スプリングドライブ限定モデルを発売

  6. Ferrari 488 Pista Spider ペブルビーチで富裕層が集うワールドプレミア開催

Twitter でフォロー